座禅草 湖西の春を訪ねて
 座禅草
 僧侶が堂の中で座禅を組んでいるように見えるところから「座禅草」と名がついたといわれる。
伏流水が創り出した自然の傑作地、ザゼンソウの群生地である滋賀県高島市今津町弘川を訪ねた。辺りはまだまだ残雪が多く、近くの家々の周りには、どのくらい積もったのだろうと思う雪の山が見られた。

e0364667_17102867.jpg

e0364667_17085739.jpg

e0364667_17091800.jpg

e0364667_17094571.jpg


e0364667_17100747.jpg

e0364667_17102867.jpg

e0364667_17110639.jpg

  ☆座禅草は、花を咲かせる際に発熱する珍しい植物。発熱は肉穂花序という部分で起こり、その温度は30度近くになる。そのため外気温がマイナスまで下がっても、25度近くに保たれ、雪の中で頭をのぞかせている。

e0364667_15190989.jpg




[PR]
by siki-uran | 2017-03-02 17:11 | 四季の花・風景 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sikiuran17.exblog.jp/tb/25488475
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
{ 写真(月日)は百代の過客にして行かふ年も又旅人也 }芭蕉  日々散策 カメラ片手に見たまま!! 日本の四季、山野・花、鳥たちを遊覧
by siki-uran
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30